エコノミークラス症候群に注意

東日本大震災の際も話題になった、エコノミークラス症候群。水分不足からの脱水症状で血栓ができ、肺の血管がつまり最悪死に至る。
車中泊などで同じ体制で長い時間過ごすと危険性が高まる。
熊本の震災でもすでに男女計14人がエコノミークラス症候群と診断され、うち女性3人が意識不明の重体だという。
済生会熊本病院では、30~70歳代の男女計10人に症状がみられ、50~60歳代の女性3人が意識不明の重体だ。
また熊本赤十字病院では、4人に症状がみられた。
14人はいずれも震災後車で寝泊まりしていたという。
岩谷健志医師は「避難生活はトイレにも十分に行けないと考え、水分を控える人が多い」として、水分や食事を十分とる、足首やふくらはぎなど体をこまめに動かすといった予防策を呼びかけた。
震災で助かった命なのだから、大切にしたいものだ。
車中泊をしている被災者は、こまめに外にでて軽い運動をしよう。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 3:01 PM

明大前

京王線、井の頭線の主要駅であり、回送列車を含めたすべての列車が停車する。
京王線と井の頭線は当駅で立体交差している。
2007年5月24日に駅ビルのフレンテ明大前が開業した。これに先立ち、同年3月31日から井の頭線下りホームに出口専用改札口であるフレンテ口が供用開始された。
フレンテ明大前の一部店舗は井の頭線下りホームにある。
工事が開始される前はホーム中程に「無事湖」と呼ばれる池があった。
京王線と井の頭線は朝ラッシュ時において1時間あたりおよそ30本の列車が発着する。
各方面のホームは1線ずつであり相互発着ができないため、停車中の列車のすぐ後ろには入線待ちの列車がいるという状態が続く。
駅構内の通路やホームの一部などの幅員が狭いこともあり、乗客が集中して乗り換えに時間がかかるなど、当駅を起因とする慢性的な遅延が発生している。
ラッシュ時に限らず、井の頭線では渋谷行の列車は1~3両目が常に混雑する。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 11:00 AM

藤山新太郎

紋付袴の正装で舞台に立ち、お囃子に合わせて「蝶のたはむれ」「水芸」「お椀と玉」などの和妻を得意とする。
それらの伝統を守りつつ、現代でも不思議に見えるようアレンジし、日本国内のみならず外国にも広く知られる。
また、クロースアップ・マジックや洋装ステージマジックも行ない、カバーする分野は広い。
現代では少なくなった師弟制度を維持している。
藤山晃太郎、娘の藤山すみれも弟子である。
弟子たちは鼓、太鼓、長唄、日本舞踊なども稽古する。
マジック界の抱える問題や、アマチュア、プロマジシャンとしての心得・個性、師弟の関係などについて、豊富な経験から論じる理論書を多数著している。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 2:00 PM

牛久の由来

牛久の地名の由来には諸説あるが、古語に由来するものと考えられる。
ただし、龍ケ崎市の金龍寺に「怠け者の小僧が牛になってしまい、沼に身投げをした。
そこから『牛を沼が食った』『牛食う沼』と変わり、その沼が牛久沼と呼ばれるようになった」という昔話が伝わっており、沼の名の由来・地名の由来ともに、この伝説がまるで真説のように流布している。
なお、牛久沼は現在の龍ケ崎市に位置する。
「潮来」が「うしく」になったとする説、鵜宿あるいは卯宿が転じたとする説などもあるが、上記の金龍寺の伝説が一般に支持されている。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 1:59 PM

シカゴの文化

シカゴの文化は富裕層らが築いた文化と、貧困層が築いた文化に大別されるが、一般に象徴されるのは後者である。
アフリカ系アメリカ人らが築き上げた音楽文化、ブルースやジャズのメッカとして名高い。
アメリカ南部のミシシッピ川流域で発生したアコースティックなデルタ・ブルースにエレクトリック・ギターなどを導入してシカゴ・ブルースと呼ばれる音楽に発展させた。
ジャズの分野では、1920年代にはルイ・アームストロング等多くのミュージシャンが、活動の拠点をニューオーリンズからシカゴに移した。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 12:59 PM

長時間型睡眠薬

速やかに効果が現れ持続時間が短いので、翌朝まで薬が残る持ち越し効果が殆どありません。
入眠困難や、旅行などによる一過性の不眠に適した睡眠薬です。
連用した後で急に服用を中止すると強い不眠が現れる、反跳生不眠を起こしやすいので、中止する時には一気に止めるのではなく、徐々に薬の量を減らしていく必要があります。
日中に不安が現れることもあります。
また、服薬時点から先の夜間覚醒時の出来事を覚えていない、一過性の前向生健忘が現れることがあります。
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のゾピクロン、ゾルピデムは、比較的反跳生不眠、離脱症状を起こしにくいと言われています。
但し、長期的に続けていくとなると副作用が気になる方も多いと思います。
不眠症・睡眠薬 朝までぐっすり眠りたい等で、睡眠薬が本当に必要かどうか、考えてみるのも良いかもしれません。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 11:58 AM

上越地方

上越地方は、北を日本海、南を妙高山、東を米山、そして西を親不知に挟まれた地方である。
北陸自動車道・国道8号が幹線として東西をはしり、上信越自動車道・国道18号が関東方面へ向けて南北にはしる。
新潟県に属するため、東北地方として扱われることもあるが、距離が遠いために東北地方各地との繋がりは浅い。
又、多くの地域が、新潟県庁のある新潟市よりも、隣県の県庁所在地である長野市や富山市の方が距離的には近い。
飛騨山脈に面する位置や、戦国時代には浄土真宗や上杉氏の地盤であり、江戸時代には北陸道と善光寺街道の沿線であった歴史から、妙高山で向かい合う北信地方、親不知で向かい合う富山県との交流が多く、特に北信地方との繋がりは深い。
また、北信地方や中越地方と列んで、スキー場の密集地帯でもある。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 10:58 AM

出雲大社

普段、いずもたいしゃと呼んでいるが、正式にはいずもおおやしろ、らしい。
二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。
明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。
創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。
現在の宮司は84代国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、平成14年、宮司に就任し翌年神社本庁より神職身分特級を拝受している。
また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。
現在も、皇室の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。
約60年に一度行われている本殿の建て替えに際して、神体が仮殿に遷御された後に、本殿の内部及び大屋根が公開されることがある。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 9:58 AM

もんじゃと佃煮

佃島・月島。歩くのには実に楽しい路地が今も残っている。
月島は「もんじゃ焼き」の街である。
本当に沢山のもんじゃ焼き屋さんがある。おいしそうな匂いが街中に漂っている。
さらに一本路地にはいると、なんともレトロな家並みがある。
隣の佃島は歴史のある街だ。
佃大橋ができるまで佃島は名前の通り、島だったのだ。
江戸時代、徳川家康が大阪の佃から連れてきた漁師たちに与えられた島だ。佃煮発祥の地でもある。
佃煮を売る店もある。
今も古いたたずまいを見せるエリアだ。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 8:57 AM

谷根千

谷中、根津、千駄木。
まとめて谷根千と呼ばれている。
谷根千の良さと言えばやはり、下町風情だろう。
根津神社はつつじ祭りで有名。
今残っている江戸神社建築の中では最古のものらしい。
この地域は古くからの和菓子屋も多い。
色々な楽しみのあるエリアだ。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 9:57 AM
2017年1月
    2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031