藤山新太郎

紋付袴の正装で舞台に立ち、お囃子に合わせて「蝶のたはむれ」「水芸」「お椀と玉」などの和妻を得意とする。
それらの伝統を守りつつ、現代でも不思議に見えるようアレンジし、日本国内のみならず外国にも広く知られる。
また、クロースアップ・マジックや洋装ステージマジックも行ない、カバーする分野は広い。
現代では少なくなった師弟制度を維持している。
藤山晃太郎、娘の藤山すみれも弟子である。
弟子たちは鼓、太鼓、長唄、日本舞踊なども稽古する。
マジック界の抱える問題や、アマチュア、プロマジシャンとしての心得・個性、師弟の関係などについて、豊富な経験から論じる理論書を多数著している。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 2:00 PM
2017年1月
    2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031