名門

ボクシングジムの名門、帝拳ジム。
現存する国内ボクシングジムでは東京拳闘会に次いで2番目に古いそうだ。
田邊会長が後楽園スタヂアムの取締役になるとともに本田マネージャーが2代目会長に就任し、戦後の1946年に「帝拳株式会社」として法人化、ジム名を「王子拳道会」とした後、1954年より現ジム名。
王子拳道会時代には日本初の世界王者になる前の白井義男も所属していた。
1965年7月3日に本田明が死去し、先代会長の次男で立教高校3年であった、当時17歳の本田明彦が新会長就任。
2011年現在実質的にジム内を切り盛りするマネージャーは長野ハル。
元世界王者の小林弘も以前は帝拳でトレーナーをしていた。
ボクシングジム、というと真っ先に帝拳が浮かぶ。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 4:01 PM
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728