消滅の危機か

ハワイ語は、消滅の危機にある様だ。
伝統あるハワイ語を復興しようとするハワイ先住民の努力は、ここ十数年のうちに増加してきている。
ハワイ語を次の世代に残そうとする家族の子供たちのために、現在ハワイ語による没入法を行う学校が開校されている。
また、ローカルラジオ局ナショナル・パブリック・ラジオは「きょうのハワイ語」という番組を放送している。
先住民系のハワイ人は第二言語としてハワイ語の学習を行っているが、モデルとする母語話者がおらず、ハワイ語のつづりも英語の音価に基づいて表記され英語の語順が用いられている。
また、19世紀初期まで話されていた純粋なハワイ語を復活させようという人々と、英語や混成語との100年以上にわたる接触によって形作られたハワイ語で育った人々との緊張関係も見られる。

Filed under: 未分類 — miguelfleta 5:02 PM
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728